B型肝炎の給付金額(病状別)

病状により、給付金額に違いがあります。

病状に応じて、下記給付金が国から支給されます。
そのほか定期検査費用の支給や弁護士費用の補助もあります。
当事務所では、専門スタッフが親身になってあなたのご相談をお伺いいたします。
どのようなことでも遠慮なくご相談くださいませ。

病状 給付金額
死亡・肝がん・肝硬変 発症後20年を経過してない方
3,600万円
発症後20年を経過している方
900万円
軽度の肝硬変 発症後20年を経過してない方
2,500万円
発症後20年を経過し治療を受けたことがある方
600万円
発症後20年を経過し治療歴がない方など
300万円
慢性肝炎 発症後20年を経過してない方
1,250万円
発症後20年を経過し治療を受けたことがある方
300万円
発症後20年を経過し治療歴がない方など
150万円
無症候性キャリア 感染後20年を経過してない方
600万円
感染後20年を経過した方
50万円+検査費用など

病状別の給付金額は上記の通りですが、発症から20年未請求のままでいると、もらえる金額が減ってしまう可能性があります。

ご本人ばかりでなく、B型肝炎ウイルスへの感染が原因で亡くなられた方のご遺族も、相続人として国から給付金を受けられる可能性があります。